ルービックキューブロガー(ルーブロ)

どーも、ルーブロです!3×3 のルービックキューブを2分以内で全面揃えられます!ブログは始めたばかりなので拙い記事ばかりですが、読んでいただけたら幸いです!

【教職】教育実習時に体感した模擬授業とのギャップ

ルービックキューブロガーです。

 

今回は私が学生時代、教職課程を履修していた時に感じた『模擬授業と教育実習のギャップ』についてお届けしたいと思います。

なお、過去にも教職に関する記事を書いているので、多少内容が重なることもあるかもしれませんがご了承ください。

 

【こんな人に読んでほしい!】

・教員を目指している人

・教職課程を履修している(いた)人

etc...

 

 

☆目次☆

1. 学習指導案は実際作るヒマが無い

2. えっ?日本語!?

3. まとめ

 

 

1. 学習指導案は実際作るヒマが無い

学習指導案って何?」という読者の方もいるかもしれないので簡単に説明しておきます。

 

学習指導案には主に以下のような内容が書かれています。

・授業で扱う単元

・授業の目標

・生徒の実態

・1時間の授業の指導過程

etc...

 

教員はこの学習指導案に沿って授業を展開していくわけですが、実際の現場では毎回作っているヒマはありません。

学習指導案は作るのにもの凄く時間がかかります。

本来ならパソコンで書いて印刷する必要があるのですが、実際の学校現場では手書きで作っている人、あるいはそもそも作っていない人もいます。

私も教育実習時は研究授業の時しか作りませんでした。(作るのが面倒臭かったから← 笑)

 

大学では「指導案は必ず毎回作って下さい」と指導されたのに、現場で実際にそれをやっている教員がほとんどいなかったことに大きなギャップを感じました。

 

大学で教職課程を担当している教職員の方々は、実際の学校現場を見ていないのでは?

そう思わずにはいられませんでした。

 

 

2. えっ?日本語!?

私は英語の教員を目指していたので、教育実習の時は英語の授業を担当しました。

 

最近は英語の授業は英語で行うことが原則となっているので、大学での模擬授業は毎回英語で授業を展開していました。

当然、教育実習でもそのような授業を展開するつもりでいました。

 

そして実際に教育実習で授業見学をした時に抱いた感想がコチラ↓

 

「えっ?日本語!?」

 

私は英語で授業するつもりでいたので、日本語でやらなきゃいけないことに失望しました。

 

一応指導教諭からは自由にやっていいとは言われていましたが、結局私も日本語で授業をやりました。

英語の授業をずっと日本語で教わってきた生徒が、急に英語で授業をやられたところで分かるわけがありません。

結局、大学でやっていた模擬授業は全く実践できませんでした。

 

詳しくは過去の記事『【教職】大学で学んだ理論が教育実習の時に全く活かせなかった話』を参考にしてください。

 

URLはコチラ↓

 http://kirakunaikikata.hatenablog.com/entry/2017/11/01/200719

 

 

3. まとめ

① (ただでさえ教員は激務なのに)学習指導案を毎回作っていたら大変

② 教職課程を担当している教授たちは、学校現場をあまりよく見ていない

③ 大学での模擬授業は教育実習では全く役に立たなかった

 

Fin.

これからは映像授業の時代

ルービックキューブロガーです。

 

最近、動画投稿サイト「YouTube」に授業動画を投稿している現役教諭が話題になっていますよね。(※)

かつて教員を目指していた私にとっては非常に興味深いニュースです。

 

※ 詳しくはこちら↓

https://www.nishinippon.co.jp/sp/nnp/national/article/374414/

 

ということで今回は映像授業について自身の見解を述べたいと思います。

 

【こんな人に読んでほしい!】

・現役の児童・生徒・学生

・学校の授業に不満がある人

etc...

 

☆目次☆

1. 映像授業の方が良い理由

2. まとめ

 

 

 

1. 映像授業の方が良い理由

この記事のタイトルを『これからは映像授業に時代』にしているので、もちろん私は映像授業の方が良いと考えています。

この段落ではその理由について論じていきたいと思います。

 

⑴ 聴き逃しても巻き戻せる

授業中に大事な点を聴き逃したり、書き損じたりした経験は誰にでもあると思います。

 

そのような失態を犯してしまった場合、学校だと再び先生に聞いたり友達に確認したりといった手間がかかります。

しかし映像授業の場合は、巻き戻しをするだけで確認ができます!映像だからこそできることですね。

 

⑵ 途中で中断できる

授業中に眠くなった経験は誰にでもあると思います。

これは映像授業でも然りです。

 

しかし、映像授業なら途中で中断することができます!

眠くなったり飽きたりしたら一時停止して休めばいいのです!

 

学校の授業では上記のことはできませんよね?

 

⑶ 好きな先生を選べる!

これも学校では絶対にできないことです。

学校ではあらかじめ担当の先生が決まっているため、自分で先生を選ぶことができません。

 

しかし、映像授業なら自分の好きな先生を選んでその先生の授業だけを受けることができます!

たとえ苦手な科目でも、好きな先生の授業なら楽しく感じるかもしれないですよね!

これも映像授業の大きなメリットです。

 

 

2. まとめ

映像授業では、

① 聴き逃したら巻き戻せる!

② 飽きたら途中で中断できる!

③ 好きな先生の授業を選択できる!

 

 

Fin.

お金を節約する方法

ルービックキューブロガーです。

 

今回は『お金を節約する方法』という記事を書きます。

が、先に言っておくと、至極当たり前のことしか書いていません(笑)

とはいえ、当たり前なんだけど意外とできていない人が少なからずいるのでは?と思ったので書くことにしました。

 

【こんな人に読んでほしい!】

・金遣いが荒いと感じている人

・浪費癖がある人

・節約が苦手な人

etc...

 

 

☆目次☆

1. 余計なものは買わない!

2. 部屋の電気は消す!

3. 外に出ない!

4. まとめ

 

 

1. 余計なものは買わない!

買い物に行く時、元々買う予定だったものに加えて、その時たまたま買い場で見つけたものもついでに買ってしまう。

あなたもこういう経験ありませんか?

 

最近の例で言うとiPhone Xが出ましたが、もう既にのりかえあるいは機種変更された方もいるかと思います。

その方々の目的は『iPhone Xを買う』ことだけで、それ以外のことは何も考えていなかったと思います。

しかし、携帯ショップの人はイヤホン・フィルム・ネット回線などを重ねて提案してきます。

その提案を聞いて「分かりました。じゃあそれもお願いします」と言ってしまった人もいるのではないでしょうか?

iPhone Xだけでもだいぶ高いのに、イヤホンなども買ってしまったら予定より出費がかさんでしまいます。

 

ちょっと分かりづらい例だったかもしれませんが、いずれにせよ節約するためには、予定していたもの以外は買わないことが大切です。

 

 

2. 部屋の電気は消す!

使っていない部屋の電気は消す!

これも当たり前ですね(笑)

ここはこれだけ言えればあとは特に言うことなしです(笑)

 

ただあまりにも物寂しすぎるのでもう少しだけ(笑)

 

最近はめっきり寒くなってきましたが、あなたは寝る時に部屋の暖房をつけていますか?

あるいはストーブをつけて寝ていますか?

 

Yesと答えた方は、電気代もったいないんで今日からでもすぐ止めましょう。

 

また、ストーブの場合は非常に危険です。

自分が寝る布団の近くでストーブをつけると、引火してしまう恐れがあります。

そこから火事になったら家が全焼してニュース沙汰になるかもしれません。

そもそも、ストーブの熱は布団の中には入りません。

これらの理由から、最初からストーブは点けない方が良いです。

災害と電気代上昇を防止できます。

 

 

3. 外に出ない!

個人的にはこれが一番シンプルかつ誰でもすぐ実践できる方法だと思います。

 

外に出なければ固定費以外は余計な出費をせずに済みます。

家で本を読むなり寝るなりして過ごしましょう!

 

 

4. まとめ

① 買い物時は、余計なものは買わない!

② 使っていない部屋の電気は消す!

③ 寝る時にストーブを点けている人は、全く意味が無いので今すぐ止めよう!

④ お金を節約する一番簡単な方法は外に出ないこと!

 

Fin.

【リライト】スルー力は生きていく上で大切

ルービックキューブロガーです。

 

今回は以前書いた記事『「スルー力」を身につけよう!』(※1)のリライト版をお届けします。

 

※1『「スルー力」を身につけよう!』のURLはコチラ↓

 http://kirakunaikikata.hatenablog.com/entry/2017/10/02/152921

 

【こんな人に読んでほしい!】

・些細なことを根に持つ人

etc...

 

 

☆目次☆

1. 悪口を言われた時

2. どんな人気者にもアンチは付き物

3. まとめ

 

 

1.悪口を言われた時

人間、生きていれば自分の悪口を言われることは誰しも経験することだと思います。

悪口を言われたら大概ヘコみます。

 

人によってはイラっと来て、つい相手に言い返してしまう人もいるのではないでしょうか?

はっきり申し上げると、そのような方々はスルー力が欠落しています。

 

普通に考えてみてください。

 

悪口を言ってきた相手に言い返したところで自分は何も得しません。

むしろ口論がヒートアップして更なる被害を被るかもしれません。

『口は災いの元』と言いますしね。

こうなるぐらいだったら最初からスルーした方が賢明です。

 

また、悪口を言った側はあまり気にせずに言っていることが多いです。

それなら、言われた側も過度に気にする必要は無いのです。

 

これに関しては過去に『悪口を言われたら』(※2)という記事を書いているので、ぜひ参考にしてみてください。

 

※2『悪口を言われたら』のURLはコチラ↓

 http://kirakunaikikata.hatenablog.com/entry/2017/10/16/200054

 

 

2. どんな人気者にもアンチは付き物

悪口を言われただけでヘコんでしまっているそこのあなた!

そんなことでヘコんでいたら人生大損ですよ!

 

小見出しにも書きましたが、どんな人気者にだってアンチは付き物なんです!

 

例えば「いつやるか?今でしょ!」で有名な林修先生だってネット上の至る所で叩かれていますけど、本人は全く気にしていません。立派なスルー力の持ち主ですね!

 

また、以前に『アンチゼロと言われてもおかしくないお笑い芸人』(※3)という記事を書きましたが、実際には彼らにもアンチはいるはずです。

そのアンチにいくら批判されたって彼らは変わらずネタを作り続けています。

おそらく彼らもスルー力が優れているんだと思います。

 

そもそも、批判してくる人の心を満たすために生きている人なんて1人もいません!

批判なんて気にせずにもっと楽観的に生きていきましょう!

 

※3『アンチゼロと言われてもおかしくないお笑い芸人』のURLはコチラ↓

http://kirakunaikikata.hatenablog.com/entry/2017/10/13/151415

 

 

3. まとめ

どんな人気者でも必ず誰かに批判されたり悪口を言われたりしているが、そんなものは全てスルーすればいい!

 

 

Fin.

黒染めを強要され、不登校になった生徒について

ルービックキューブロガーです。

 

今回は最近のニュースで気になった話題を取り上げ、自身の見解を述べたいと思います。

私は過去にも学校関係の記事をたくさん書いてきましたが、今回は比較的タイムリーな話題について取扱います。

 

【こんな人に読んでほしい!】

・学校や教育関連の話題に興味のある人

・学校の校則に疑問を感じている人

・その他、この記事に興味がある人

etc...

 

 

☆目次☆

1. ニュースの詳細

2. 明らかな矛盾点

3. アイデンティティーの喪失

4. 学校の評判は大暴落

5. まとめ

 

 

1. ニュースの詳細

一応タイムリーな話題ではありますが、知らない人もいるかもしれないので改めて詳細について簡単に説明します。

 

(以下詳細↓)

 

大阪の高校に通っていた3年生の女子生徒(18)は生まれつき茶髪でした。

しかし学校側は彼女の髪色を見て、黒く染めるよう指導したのです。

さらに「染めないなら学校に来るな」とまで言われていたようです。

彼女はこの指導で精神的苦痛を受けて不登校になり、府に損害賠償を求めました。

 

 

とまあ大体こんな感じの内容です。

あくまでもニュース記事から切り取った内容なので間違っている部分があるかもしれませんがその場合はご指摘をお願いします。

 

 

2. 明らかな矛盾点

そもそも生まれつきの髪色を黒く染めるよう指導している時点でだいぶ問題ですが、これには明らかな矛盾点が存在します。

 

この学校の校則には「染髪・脱色・エクステは禁止する」という規則があります。

この規則に従えば黒く染めるのも校則に違反することになるはずなのに、なぜかこれは例外扱いされています。

 

明らかにおかしいと思いませんか?

 

 

3. アイデンティティーの喪失

生まれた時からずっと茶髪で生きてきたのに、それを学校側の指導によって失ってしまうのは本人にとって非常にツラいことです。

 

誰だって自分のアイデンティティーを失うことはツラいはずです。

 

例えば、昔は丸刈り校則というのが存在しました(もしかしたら今もあるのかもしれませんが)。

これは男子の髪型を強制的に丸刈りにするという内容の校則です。

 

あなたは「坊主になれ」と言われて、素直に従えますか?

もちろん全然構わないという人もいるとは思いますが、抵抗のある人だって少なからずいるはずです。

 

今回の黒染めの件も、この例と似ていると思います。

 

 

4. 学校の評判は大暴落

そもそも黒く染めるよう指導したのは、茶髪がいると学校のイメージダウンにつながると思ったんでしょうね。これはあくまでも推測ですが。

 

しかしながら、その指導がむしろ評判をガタ落ちさせる引き金になってしまいましたね。

自業自得と言ったところでしょうか。

 

さらに、学校は不登校になった女子生徒をクラス名簿から除外までしていたそうです。

これはさすがに反感を買いますよね。

 

これからこの学校が信頼を取り戻すのはほぼ不可能では?  というのが私の見解です。

 

 

5. まとめ

① 染髪禁止のはずなのに黒染めが例外は明らかに矛盾している

② 生まれつきのアイデンティティーを喪失するのは誰だってツラいはず

③ クラス名簿から除外はあってはならないこと

 

Fin.

「◯年後はどんな自分になっていると思いますか?」の質問は意味無い

ルービックキューブロガーです。

 

今回は非常にピンポイントな内容でお届けします(笑)

ピンポイントであるがゆえ、超絶短いです(笑)

 

【こんな人に読んでほしい!】

・受験生

・就活生

・その他、この記事に興味がある人

 

☆目次☆

1. そもそも分かるわけない

2. 適当な回答で済む質問

3. まとめ

 

 

1. そもそも分かるわけない

「◯年後はどんな自分になっていると思いますか?」

 

この質問は入学試験や入社試験の面接の時に必ずと言っていいほど聞かれます。

これはよく聞かれる質問としてよく知られているもののうちの1つでしょう。

 

しかし、この質問ははっきり言って意味が無いです。

理由は小見出しにも書きましたが、そもそも数年後のことは分かるわけがないからです。

 

たとえば今ではみんな当たり前のようにスマートフォンを使っていますが、誰がこれを予想できたでしょうか?初めてスマホiPhone)が発表されたのはちょうど10年前です。その当時はこうなることは誰も予想できなかったですよね?

 

それと同じです。

数年後の自分がどうなっているかなんて分かるわけがありません。

ゆえに未来の自分について聞いてくるような質問は意味がありません。

 

 

2. 適当な回答で済む質問

「◯年後はどんな自分になっていると思いますか?」

 

この質問に対する答えは適当で良いのです。

なぜなら、別に実現しなくてもいいからです。

 

例1

A: 「本校に入学したらまず何をやりたいですか?」

B: 「サッカー部に入部してレギュラーになれるように日々練習に一生懸命取り組み、勉強も怠ることなく文武両道を目指していきたいです。」

 

例2

A: 「あなたは5年後にどうなっていると思いますか?」

B: 「課長に昇格していて、部下からも尊敬されるような人になっていると思います。」

 

例3

A: 「あなたは5年後にどうなっていると思いますか?」

B: 「分かりません」

 

 

例1と例2は仮に実現しなかったとしても、誰かから責められるでしょうか?

絶対にそんなことはありません。

 

「入学(or 入社)前はこう思っていたけど入学(or 入社)してからは変わった」ということはほとんどの人が経験あると思います。

別に有言実行する必要など無いのです。

つまり、実現しなくてもいいのなら適当に答えたって問題無いのです。

 

ここはこれで終わり、、、あっ、例3がノータッチだった(笑)

例3からは内容が少し脱線します(笑)

 

例3は本音バージョンです。

5年後にどうなってるかなんて聞かれたら「分かりません」と答えるのが一番正直です。(というか、それしか言いようがないはずなんですが。。。)

 

しかし面接でこのように答えると悪い印象を持たれたり、不合格になったりというのがよくある傾向です。

正直に答えているのにこの有り様、どう考えてもおかしいと思いませんか?

 

まあこれについて語り出すとキリがないのでこの辺で終わります(笑)

 

 

3. まとめ

① 未来の自分がどうなっているかなんて分かるわけがない

② 未来の自分についての質問は適当に答えればいい

③ 「分かりません」と答えることがマイナスな印象になるのはどう考えてもおかしい

④ 就職の面接官なんて適当 ←(笑)

 

 

Fin.

講義形式の授業には限界がある

どーも、ルービックキューブロガーです。

 

今回は学校の授業について自身の見解を述べたいと思います。

 

【こんな人に読んでほしい!】

・教育に興味がある人

・講義形式の授業を受けたことがある人

・その他、この記事に興味がある人

etc...

 

☆目次☆

1. 講義形式の授業の限界一覧

2. まとめ

 

 

1. 講義形式の授業の限界一覧

⑴ 個々の子どもの理解に対応できない

少人数学級ならどうにか対応できるかもしれませんが、普通の学級なら1クラス30〜40人ぐらいはいます。

それに対して教師は1人です。1コマの授業は大体50分を割り当てられている学校がほとんどだと思いますが、たった50分で30〜40人の子どもたちそれぞれに対応するには限界があります。

 

⑵ 得意な子の成長を止める

英語が得意な子どももいれば、苦手な子どももいます。

教師は苦手な子どもを置き去りにするわけにはいかないので、その子どもたちのレベルに合わせて教えようとします。そうすると、得意な子たちの成長を停滞させてしまう危険性があります。

ちなみに英語を例に挙げた理由は私が英語好きだからです(笑)

 

⑶ 苦手な子が劣等感を覚える

⑵のような教師とは正反対に、子どもたちの理解度を確認せずにどんどん次に進んでしまう教師もいます。こんなことをしてしまうと苦手な子ほど劣等感を植え付けられ、より勉強意欲を減退させてしまう恐れがあります。

 

⑷ 考えずノートを写すだけになる

板書をそのまま写すだけでは内容はほとんど頭に残りません。そんな形式の授業は行われるべきではありません。

 

なお、これについては以前書いた記事を参考にしてください。

URL:http://kirakunaikikata.hatenablog.com/entry/2017/11/02/200315

 

⑸ 授業についていけなくなる恐れから学校を休めない

授業は1回休んでしまうだけでもだいぶ遅れを取ってしまう場合があります。

それが嫌で休めないという子どもたちもたくさんいることでしょう。

 

特にインフルエンザになると、1週間分の遅れを取り戻さなくてはいけなくなるので相当な負担がかかります。

 

 

2. まとめ

① 個々の子どもの理解に対応できない

② 得意な子の成長を止める

③ 苦手な子が劣等感を覚える

④ 考えずノートを写すだけになる

⑤ 授業についていけなくなる恐れから学校を休めない

 

 

Fin.